プラセンタ療法(自費診療)は岡山市北区一宮の内科「山下クリニック」を受診

一般内科

>>> プラセンタ療法(自費診療)

山下クリニックでは自費診療でのプラセンタ療法を行っています。

プラセンタ療法は抗疲労作用や美肌促進作用、老化防止(アンチエイジング)など多くの効果が期待できます。自費診療でプラセンタ療法をご希望の方は、山下クリニックをぜひ受診ください。

プラセンタとは

プラセンタとは胎盤そのものを意味します。

胎盤は胎児の肺や肝臓、腎臓としての働きの他、ホルモンのコントロールや免疫機能を司ります。出産までの期間、胎児の成長を支えます。胎盤には胎児が成長するために必要な栄養がつまっています。その胎盤から抽出され作られるのがプラセンタエキスです。

プラセンタ療法はプラセンタエキスを注射して行います。医薬品として使用するプラセンタ注射薬は日本国内の産婦人科で健康な母親から生まれた胎盤をもとに作られています。

保険診療では肝炎や更年期障害の治療薬として使用されるプラセンタ注射薬ですが、自費診療で使用される方も多くおられます。疲労の回復やアレルギー疾患の改善、美肌などの美容効果が認められているため、プラセンタ注射薬は幅広い目的で使用されています。

プラセンタの効能

プラセンタの効能は下記の内容があげられます。

抗疲労作用:慢性疲労などの疲労回復など

美肌促進作用:美肌、美白、肌の張り、肌の潤い、しわの改善など

活性酸素除去作用:老化防止(アンチエイジング)など

免疫力強化作用:免疫力を高め、風邪を引きにくくするなど

血行促進・造血作用:冷え性、頭痛、肩こり、腰痛などの改善

肝機能改善作用:肝機能の改善、2日酔いの改善など

自律神経調整作用:不眠、不安、抑うつ感、自律神経失調症の改善など

代謝機能改善作用:更年期障害、生理不順の改善など

抗炎症作用:アトピー性皮膚炎、にきび、花粉症、歯肉炎の改善など

プラセンタの投与方法

山下クリニックではプラセンタ注射薬の皮下注射を行っています

プラセンタの効果の持続時間はプラセンタ注射1A(アンプル)で約2日です。常にプラセンタの効果を維持したい方であれば、定期的に投与することをおすすめします。

プラセンタの効果はプラセンタ注射を開始して、2〜3回の投与で効果を実感できる人が多いとされています。

プラセンタの副作用

プラセンタの皮下注射や筋肉注射では重篤な副作用が起こることは少なくなっています。副作用としては悪寒、悪心、発熱、発赤、発疹などが起こることがあります。副作用が起きた場合はすぐにプラセンタの投与を中止します。注射部位に疼痛、発赤などの副作用が起こることもありますが、半日程度で消える場合がほとんどです。

稀にですが頭痛、肝機能障害、ショックが起こる場合があります。

プラセンタを投与する上での注意事項

プラセンタは日本国内の産婦人科で健康な母親から生まれた胎盤をもとに作られています。安全性は高くなっていますが、感染症などのリスクを完全に除外できるわけではありません。そのためプラセンタを投与した方は、献血などができなくなります。

山下クリニックではプラセンタ投与前にリスクをご説明させていただき、ご同意いただいた患者様のみにプラセンタ注射を投与しています。

自費診療でのプラセンタ費用

プラセンタ1A注射 1,200円(税込み)

プラセンタ注射のお申込みについて

山下クリニックまでお電話いただくか、ホームページ上の予約フォームから受診のご予約をお願いいたします。

山下クリニックでは患者様の待ち時間を極力短くして、プラセンタ療法を受けていただけるように取り組んでいます。

プラセンタ療法をご希望の方は、山下クリニックをぜひ受診ください。

診療日

診療時間

※祝日は休診です。
●がん免疫細胞療法の治療を希望される患者さんは、お電話にてご相談ください。

Web予約