子宮頸がんワクチンについて|岡山市北区楢津の山下クリニック

産婦人科

>>> 子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチン

子宮頸がんは年間約1万人がかかり、約2,800人が死亡している病気です。この子宮頸がんの発症を抑制するには、子宮頸がんワクチンの接種が有用です。

子宮頸がん

子宮頸がんは性行為によって、パピローマウイルス(HPV)が子宮頸部に感染することで発病する病気です。性行為する前の小学校高学年~中学校において、ワクチン接種をするのが理想です。子宮頸がんのワクチンは3回接種ともに公費補助のため無料で行えます。
ワクチン接種で70%の子宮頸がんの予防が可能です。当院では頸がんをおこし易いウイルス2種(16型、18型)と、いぼをおこし易いウイルス(6型、10型)の4価のワクチンをお勧めしています。

診療日

診療時間

※祝日は休診です。
●がん免疫細胞療法の治療を希望される患者さんは、お電話にてご相談ください。

Web予約