妊娠糖尿病について|岡山市北区楢津の山下クリニック

糖尿病内科

>>> 妊娠糖尿病

妊娠糖尿病の特徴

妊娠中にはじめて発見または発症した糖代謝異常で、糖尿病の家族歴、肥満、過度の体重増加、尿糖陽性、35歳以上の女性の場合に多く認めます。ほとんどの例で分娩後に糖代謝異常は改善しますが、将来糖代謝異常、糖尿病になる率が高いです。

なお糖尿病には妊娠糖尿病の他に、1型糖尿病、2型糖尿病をはじめ、その他の特定の機序、疾患によるもの(肝疾患や内分泌疾患、感染症、薬剤などによる糖尿病の発症)があります。

診療日

診療時間

※祝日は休診です。
●がん免疫細胞療法の治療を希望される患者さんは、お電話にてご相談ください。

Web予約