バセドウ病の治療・診療は岡山市北区一宮・楢津の内科「山下クリニック」

一般内科

>>> バセドウ病

山下クリニックでは甲状腺の病気「バセドウ病」の診療・治療を行っています。

バセドウ病は女性に多い病気ですが、甲状腺疾患の中では男性の比率も多い病気です。

バセドウ病の原因や症状、治療についてご紹介します。

バセドウ病とは

バセドウ病とは甲状腺ホルモンが過剰に作られる状態をさし甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気です。

バセドウ病は200人~300人に1人が発症するといわれており、男女比は1対5~6程度で女性に多い病気です。女性に多い病気ではありますが、男女比が1対20~30程度といわれる橋本病と比較すると男性の比率は高くなっています。そのためバセドウ病は、甲状腺疾患のなかでは比較的男性の比率が高い病気といえます。

バセドウ病の年齢別の発症は20~50歳代の方に発症することが多く、その中でも30~40歳代の方の発症が最も多くなっています。

<参考>甲状腺について

甲状腺はのどぼとけのすぐ下あたりにある小さな臓器です。この甲状腺は食べ物に含まれるヨウ素をもとに甲状腺ホルモンを作り、血液中に分泌します。

ホルモンとは体内でつくられて血液中に流れ、細胞や器官の活動を調節する生理活性物質です。ホルモンの一種である甲状腺ホルモンは体の発育を促進し、新陳代謝を活発にする働きがあります。

甲状腺ホルモンは正常であれば体に必要な分だけを分泌しますが、甲状腺に異常が起きると甲状腺ホルモンが多くなったり(亢進)、少なくなったり(低下)、腫瘍ができたりします。

バセドウ病の原因

バセドウ病は自己免疫疾患の一つで、本来自分の体を守るための免疫が自分自身の甲状腺を攻撃することにより発症します。自己免疫疾患とは、細菌やウィルスなどから体を守るための免疫が自分の臓器・細胞を標的にしてしまうことで起きる病気の総称です。

バセドウ病の発症のきっかけは不明なことが多いですが、過労やストレス、出産などの大きな体内環境の変化をきっかけに発症することが多いとされています。またバセドウ病の患者さんの約15%は家族内に同じバセドウ病にかかった方がいるとされており、遺伝的な要因も発症に関与しています。

バセドウ病の症状

バセドウ病の症状には下記の内容があげられます。

バセドウ病の症状

□動悸
安静にしていても動悸を感じることがあります。

□多汗
暑さに弱くなり、汗をかきやすくなります。

□手指のふるえ
手指のふるえを感じることが多くなり、時に箸の扱いや文字を書く際に困ることがあります。

□食欲亢進・体重減少
食欲は亢進しますが、一方で甲状腺ホルモンの分泌亢進によりエネルギーが過剰に消費されて体重が減少します。

□脈が速くなる
脈拍数が高くなり、時に不整脈がみられます。

□目つきの変化、眼球突出
目つきが変わったり、眼球が飛び出たようにみえます。

□筋肉症状
男性のバセドウ患者さんに多い症状で、筋肉の麻痺をおこすことがあります。

□月経の異常
月経不順や無月経が起きる場合もあります。

バセドウ病の治療

バセドウ病の治療は薬物療法、放射性ヨードを使用するアイソトープ治療、甲状腺の一部を残して切除する手術の3つの方法があります。

その中でも、バセドウ病の治療の基本は甲状腺ホルモンの合成を抑える抗甲状腺薬による薬物治療です。

抗甲状腺薬は、血液中の甲状腺ホルモンであるT3(トリヨードサイロニン)、T4(総サイロキシン)の合成を抑制します。

治療開始時に薬を多めに服用して、まず甲状腺ホルモンが過剰に分泌されている状態の改善をはかり、その上で甲状腺の機能が安定したら、少しずつ薬の量を減らしていきます。その後、低用量の薬を服用し続けて再発を予防する維持療法を行います。

抗甲状腺薬の副作用として注意が必要なのが、顆粒球減少症です。

副作用として顆粒球減少症が発症する確率は0.2~0.3%のため稀な副作用ではありますが、発症すると危険な状態となるため注意が必要です。薬の副作用を感じることがあれば、必ずご相談ください。

その他、バセドウ病の治療としては薬物療法で効果が得られない・副作用が強い方、短期間で症状を改善したい方を対象に行うことが多いアイソトープ治療や手術があります。

橋本病の担当医紹介

山下クリニック

山下クリニック 副院長 堀井 誠
専門:糖尿病内科・内分泌内科

「地域の患者さんが気兼ねなく相談でき、その健康を末永く支えていく」ことを診療方針に据え、地域のかかりつけ医として患者さんに寄り添った医療を提供。

詳細なプロフィールは副院長挨拶からご確認ください。

担当医から患者さんへメッセージ

バセドウ病は200人~300人に1人が発症するといわれる病気です。女性に多く発症する病気ですが、男性の方の発症も少なくありません。20~40歳代の方が多く発症されます。

バセドウ病の症状に該当される方がおられましたら山下クリニックを受診ください。

ご来院をお待ちしております。

   

山下クリニック 診療日

診療時間

※祝日は休診です。
●がん免疫細胞療法の治療を希望される患者さんは、お電話にてご相談ください。

Web予約