痛風や高尿酸血症の治療・診療は岡山市北区の内科「山下クリニック」を受診

一般内科

>>> 高尿酸血症/痛風

山下クリニックでは「高尿酸血症/痛風」の診療、治療を行っています。

高尿酸血症/痛風の原因や症状、治療についてご紹介します。

高尿酸血症/痛風とは

高尿酸血症とは、身体の老廃物である尿酸が血液中で増え過ぎている状態をさします。

この高尿酸血症は、食生活の欧米化やお酒の飲みすぎによるプリン体の過剰摂取、運動不足などにより、近年患者さんが急増している病気です。高尿酸血症と推定される人は1,000万人を超えるといわれ、特に30代以降の男性に多いとされます。

高尿酸血症は腎結石、尿路結石の原因となる病気です。また高尿酸血症の患者さんでは、肥満や高血圧、糖尿病、脂質異常症を合併することが多くなっています。

高尿酸血症と痛風を同じと考える方もいらっしゃいますが、高尿酸血症は血液中の尿酸が高い状態をさし、痛風は「風が当っただけで痛い」と表現されるほどの激痛が発作的に起こる関節炎を意味します。高尿酸血症は痛風の予備症候群といえます。

尿酸を作るプリン体

尿酸とはプリン体という物質が体内で分解されてできる老廃物です。プリン体は運動したり、臓器を動かしたりするためのエネルギー物質で常に体内で作られています。

この尿酸は血液中に溶け込んでおり、正常値であれば問題はありません。ただし血液中の尿酸の量が増えると、過剰な尿酸が結晶化して関節に溜まります。尿酸が結晶化して関節に留まるようになると、運動などをきっかけに結晶の一部が関節液中に漏れることがあります。それをきっかけに関節液中に漏れた尿酸の結晶を敵とみなした白血球が免疫機能を働かせ炎症を起こします。

この関節での炎症が痛風の原因です。

高尿酸血症のリスク

高尿酸血症が痛風の原因となることは広く知られているところかと思います。

それに加えて高尿酸血症は痛風だけでなく、高血圧や糖尿病といった生活習慣病や尿路結石、腎障害、脳・心血管障害の危険因子となる可能性も指摘されています。

生活習慣病はサイレントキラーと呼ばれる病気で脳血管・心血管疾患の明らかなリスク因子です。また腎を痛めることにより、最悪の場合、腎不全に陥る場合もあります。

高尿酸血症は放置しておくと危険な病気といえるでしょう。

高尿酸血症の治療

高尿酸血症は血清尿酸値が7.0mg/dlを超える状態を意味し、血清尿酸値が8.0mg/dl以上を治療開始基準としています。高尿酸血症の治療の目的は痛風関節炎の発症を防ぐことです。

高尿酸血症の治療では、血清尿酸値が6.0mg/dl以下を目標値として治療します。

具体的な高尿酸血症の治療としては尿酸降下薬を用います。この尿酸降下薬は作用の違いで尿酸排泄促進薬と尿酸生成抑制薬に分かれます。尿酸排泄促進薬は腎臓に作用し尿酸が尿中へ排泄される働きを促進します。尿酸生成抑制薬は主に肝臓でプリン体が尿酸に分解されるのを抑えます。

また尿酸降下薬による薬物治療とともに重要であるのが生活習慣の改善です。生活習慣を見直すことによる肥満の改善やアルコールの過剰摂取からくるプリン体の取り過ぎに注意します。

なお痛風が発症している場合においては、非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAID)などを使用して炎症を抑える治療を行います。

高尿酸血症/痛風の担当医紹介

山下クリニック

山下クリニック 副院長 堀井 誠
専門:糖尿病内科・内分泌内科

「地域の患者さんが気兼ねなく相談でき、その健康を末永く支えていく」ことを診療方針に据え、地域のかかりつけ医として患者さんに寄り添った医療を提供。

詳細なプロフィールは副院長挨拶からご確認ください。

担当医から患者さんへメッセージ

高尿酸血症はよくよく放置されがちな病気です。痛風で激痛を感じて初めて医療機関を受診される方も少なくありません。

高尿酸血症は腎機能を低下させますし、生活習慣病と合併すると動脈硬化を加速させる放置できない病気です。

高尿酸血症が疑われる方は、ぜひ山下クリニックを受診ください。ご来院をお待ちしております。

   

山下クリニック 診療日

診療時間

※祝日は休診です。
●がん免疫細胞療法の治療を希望される患者さんは、お電話にてご相談ください。

Web予約