岡山市北区の花粉症治療なら山下クリニック|内科・糖尿病内科岡山市北区の花粉症治療なら山下クリニック|内科・糖尿病内科

一般内科

>>> 花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)

山下クリニックでは、花粉症の診療を行っています。

花粉症は国民病とも呼ばれるほど、多くの方を悩ませる病気です。

また近年増加傾向の病気でもあります。

花粉症を含むアレルギー性鼻炎についてや花粉症の症状・治療についてご紹介します。

アレルギー性鼻炎について

アレルギー性鼻炎には、季節性アレルギー性鼻炎と通年性アレルギー性鼻炎があります。

まず季節性アレルギー性鼻炎ですが、一般的に花粉症と呼ばれる病気で鼻腔内に入ってきた植物の花粉に対する免疫反応によって鼻水等の症状が引き起こされます。

一方で通年性アレルギー性鼻炎の多くはダニなどのアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)によって引き起こされる鼻炎をさします。

最近では季節性アレルギー性鼻炎と通年性アレルギー性鼻炎の併発などで、一年中アレルギー性鼻炎の症状に悩まされるという人も少なくありません。

花粉症の症状

花粉症は透明の鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどが主な症状です。花粉症の症状が重くなると、皮膚のかゆみや頭痛、だるさ、不眠などを引き起こすこともあります。

花粉症の代表的な症状である鼻水は、風邪などによっておこる粘性が高い黄色がかった鼻水とは違い、粘り気がなく透明のものが止まらずに出てきます。

また、くしゃみについては鼻の粘膜についた花粉を取り除こうとして起こる症状です。花粉症のくしゃみは、風邪によるくしゃみよりも頻度が高く、花粉症の多くの人が悩まされる症状です。

花粉症の治療

花粉症の治療では、症状に応じた薬剤を使用して行います。

症状として、くしゃみや鼻水がひどい場合には抗ヒスタミン薬、鼻づまりがひどい場合にはロイコトリエン拮抗薬、くしゃみや鼻水、鼻づまりともにひどい場合にはステロイド剤などを使用します。

その他、花粉症の予防としては花粉の多い時期に窓を極力開けない、洗濯物を外に干さない、外出を控えるといったことがあげられます。また外出時には、専用の眼鏡やマスクを着用することも効果的です。

診療の担当医紹介

山下クリニック

山下クリニック 副院長 堀井 誠
専門:糖尿病内科・内分泌内科

「地域の患者さんが気兼ねなく相談でき、その健康を末永く支えていく」ことを診療方針に据え、地域のかかりつけ医として患者さんに寄り添った医療を提供。

詳細なプロフィールは副院長挨拶からご確認ください。

担当医から患者さんへメッセージ

花粉症は国民病とも呼ばれるほど、多くの方を悩ませる病気です。

スギ花粉の飛散量が増加する2月~4月にかけての春先には、3人に2人が花粉症の症状に悩んでいるとされています。

花粉症は重篤な病気ではありませんが、著しく生活の質を悪化させる病気です。
花粉症の症状でお悩みの方は、ぜひ山下クリニックを受診ください。

   

山下クリニック 診療日

診療時間

※祝日は休診です。
●がん免疫細胞療法の治療を希望される患者さんは、お電話にてご相談ください。

Web予約