岡山市北区で低用量ピル(OC)・経口避妊薬を処方|産婦人科山下クリニック

産婦人科

>>> 低用量ピル(OC)、経口避妊薬

岡山市北区の産婦人科「山下クリニック」では、低用量ピル(OC:oral contraceptives)の処方を行っています。

低用量ピルについてご紹介します。

低用量ピルとは

低用量ピルとは、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2種類の女性ホルモンから構成される薬剤です。低用量ピルは経口避妊薬とも呼ばれます。

低用量ピルは毎日一回服用することで避妊の効果が99%以上あり、非常に高い避妊の効果がえられます。

低用量ピルで避妊している方が妊娠する確率は、1年で1000人に1人です。この1人も3日以上飲み忘れをした方なので、飲み忘れをしない限り妊娠することはありません。

また低用量ピルは避妊の他に月経周期の正常化、生理痛や生理の量の改善などの効果も期待できます。

低用量ピルの効果と副作用

低用量ピルの効果には、高い避妊効果があげられます。

その他、副次的効果として月経痛の緩和や月経時の血量減少、月経前緊張症の改善、貧血の改善などが期待できます。

低用量ピルの副作用ですが、低用量ピルを始めて服薬した数日間は吐き気や頭痛、息切れ、胸の痛みなどを起こす場合があります。ただ、この吐き気や頭痛などの副作用は一過性のもので、概ね4~5日で症状が収まることが多いです。

その他の低用量ピルの副作用として、稀に血栓症が起こることがあります。この血栓症の発症率は少なくなっていますが、重大な副作用となりますので、ふくらはぎの痛み・むくみ、激しい胸の痛みなどの症状が認められたら、すぐに当院を受診してください。

低用量ピルの費用

低用量ピルの費用は自費診療(保険外診療)です。当院のピルは下記となります。

1か月分:3,100円(税込)

担当医紹介

山下クリニック 院長 山下浩一
日本産科婦人科学会 産婦人科専門医

「患者さんにとってわかりやすい医療の提供」が診療方針。山下クリニック開業以来、開業医として産婦人科の疾患を30年以上診療。

詳細なプロフィールは院長挨拶からご確認ください。

山下クリニックの産婦人科診療内容のページへ移動

   

山下クリニック 診療日

診療時間

※祝日は休診です。
●がん免疫細胞療法の治療を希望される患者さんは、お電話にてご相談ください。

Web予約