岡山市北区でカンジダ症(膣カンジダ)を治療|産婦人科山下クリニック

産婦人科

>>> カンジダ症(膣カンジダ)

岡山北区の産婦人科「山下クリニック」ではカンジダ症(膣カンジダ)の診療を行っています。

カンジダ症の原因や症状、治療についてご紹介します。

カンジダ症とは

カンジダ症とは、腟の中にいる真菌(かび)のカンジダ菌が増殖して引き起こす感染症です。このカンジダ症は、おりもの・かゆみ等の不快な症状を起こします。

カンジダ菌自体は、健康な女性でも皮膚、口の中、消化管、腟に常に生息しており、通常は人体に害を及ぼしません。しかし風邪や疲労、ストレスなどによる免疫力の低下、またホルモンバランスの変化などによって、腟の中で増殖してカンジタ症を引き起こします。

このカンジダ症は女性の5人に1人が経験するとされ、女性にとって身近な病気です。

カンジダ症の症状

カンジダ症の症状は「膣や外陰部のかゆみ」や 「ヨーグルト状のおりもの」などです。具体的には次の内容がカンジダ症の症状としてあげられます。

カンジダ症の症状

□腟および外陰部のかゆみ

□粘度の高い、白いヨーグルト状のおりもの

□腟のヒリヒリ、熱感

□外陰部の発疹や発赤

□排尿時の痛み

□性交時の痛み

カンジダ症の治療

カンジダ症が疑われる方には検査を実施して、カンジダ症と診断された患者さんに治療を行います。

カンジダ症の治療は、治療薬の服薬や余分なカンジタ菌、おりものを洗い流す膣内洗浄を行います。カンジダ菌は水虫の原因菌などと同じ真菌であるため、治療薬には抗真菌薬を用います。

カンジダ症の治療期間は、およそ1週間を目安として行います。

カンジダ症の担当医紹介

山下クリニック 院長 山下浩一
日本産科婦人科学会 産婦人科専門医

「患者さんにとってわかりやすい医療の提供」が診療方針。山下クリニック開業以来、開業医として産婦人科の疾患を30年以上診療。

詳細なプロフィールは院長挨拶からご確認ください。

担当医から患者さんへメッセージ

カンジダ症は女性の5人に1人が経験するとされ、女性にとって身近な病気です。

カンジタ症と疑われる症状がある方は、お早めに岡山市北区の産婦人科「山下クリニック」を受診ください。

山下クリニックの産婦人科診療内容のページへ移動

   

山下クリニック 診療日

診療時間

※祝日は休診です。
●がん免疫細胞療法の治療を希望される患者さんは、お電話にてご相談ください。

Web予約