風邪(かぜ)の治療・診療は岡山市北区一宮・楢津の内科「山下クリニック」

風邪

>>> 風邪

山下クリニックでは一般的な病気「風邪(かぜ)」についても診療、治療を行っています。

風邪の原因や症状、治療についてご紹介します。

風邪(かぜ)とは

風邪とは鼻腔から咽頭、喉頭までの気道(上気道)に急性の炎症が起こる疾患の総称です。

風邪

この風邪は性別や年齢を問わず、大半の人がかかる最も一般的な病気といえます。

風邪の自覚症状としてはくしゃみや鼻水などの鼻症状や、喉の痛みなどの咽頭症状が多いです。咳やたん、発熱や頭痛などを感じる患者さんもおられます。

風邪(かぜ)の原因

風邪の原因はウイルスなどの病原体が気道内に入って、気道の粘膜に付着して増殖した結果、炎症を起こすことです。

風邪の原因の約90%はウイルス由来とされています。この風邪を引き起こすウイルスの代表的なものにはライノウイルスやコロナウイルス、RSウイルスがあげられます。

風邪にかかった時にせきや鼻水、たんが出たりするのはウイルスなどによる感染から体を守る免疫防御機能(防御システム)が働いているからです。体内にウイルスなどが侵入すると体が持つ防御システムが働き、異物を体外に出そうとしてせきや鼻水、たんが出たりします。

その結果、鼻腔や咽頭、喉頭といった内部の粘膜組織に炎症が起こって腫れ、鼻づまりやのどの痛みなどの症状を引き起こします。

また風邪による発熱は、ウイルスなどの侵入により体に異変が起こったことを知らせると同時に、体内の免疫の働きが活発になっている兆候です。

風邪(かぜ)の危険性

通常、風邪は4日から1週間程度で治ることが多いとされ、発熱が3日以上続くことはほとんどありません。

しかし、風邪がきっかけに肺炎や気管支炎、中耳炎や副鼻腔炎などの合併症を引き起こすこともあります。この傾向は特に抵抗力の弱い子供や高齢者の方に多い傾向にあります。

合併症を考えると、風邪といえど軽視してはいけない病気といえるでしょう。

風邪(かぜ)の治療

風邪の原因は約90%がライノウイルスやコロナウイルス、RSウイルスなどのウイルスです。

このウイルスに対する治療は体の免疫機能を頼りにした自然治癒が基本です。安静に過ごして、十分な水分と栄養を取ることで風邪に対する治療効果は高まります。

それに加えて鼻水を減らす薬や解熱剤、のどの痛みを和らげる薬を処方して患者さん個々の症状に対する対処療法が行われる。

ただし、細菌に感染したと思われる症状がある場合や、マイコプラズマ肺炎など細菌が風邪の原因だと思われる場合には、患者さんの症状に合わせた抗菌薬を処方します。

風邪の治療については、受診時に患者さんの症状を丁寧に問診して治療方法を決定していきます。

風邪(かぜ)の担当医紹介

山下クリニック

山下クリニック 副院長 堀井 誠
専門:糖尿病内科・内分泌内科

「地域の患者さんが気兼ねなく相談でき、その健康を末永く支えていく」ことを診療方針に据え、地域のかかりつけ医として患者さんに寄り添った医療を提供。

詳細なプロフィールは副院長挨拶からご確認ください。

担当医から患者さんへメッセージ

風邪は性別や年齢を問わず、大半の人がかかる最も一般的な病気です。風邪自体は危険な病気ではありませんが、肺炎や気管支炎などの合併症が起こると話が変わります。

「たかが風邪、されど風邪」ともいえますので、風邪症状がある方は山下クリニックを受診ください。

ご来院をお待ちしております。

   

山下クリニック 診療日

診療時間

※祝日は休診です。
●がん免疫細胞療法の治療を希望される患者さんは、お電話にてご相談ください。

Web予約