禁煙治療は岡山市北区一宮の内科「山下クリニック」の専門外来を受診

一般内科

>>> 禁煙治療(禁煙外来)

山下クリニックでは保険診療での禁煙治療を行っています。

現在喫煙されており禁煙を希望される方は当院の禁煙外来をぜひ受診ください。

喫煙による健康リスク

喫煙はがんや生活習慣病といった重篤な病気との因果関係が指摘されています。

実際に国際がん研究機関(IARC)の報告によると、喫煙との関連が確実ながんとして口腔・鼻咽頭・副鼻腔・喉頭・肺・食道・胃・膵臓・大腸・肝臓・腎臓・尿管・膀胱・子宮頚部・卵巣・骨髄性白血病があげられています。

また喫煙は動脈硬化の原因となり、交感神経を刺激することで血糖値を上昇させます。その結果、生活習慣病の発症要因ともなります。

禁煙外来での治療

以前は禁煙にかかる費用は全て健康保険の対象外(自由診療)で治療費の全額を患者さんが負担する必要がありました。しかし、現在では要件を満たす方であれば保険診療での禁煙治療を行うことができます

そのため、山下クリニックでは禁煙外来を設けて保険診療での禁煙治療を行っています。

保険診療で禁煙治療を受けることができる方

保険診療での禁煙治療を受けるには一定の要件を満たすことが必要です。具体的には次の3項目全てに該当する方は保険診療での禁煙治療が可能です。

禁煙治療 チェックリスト

□ ニコチン依存症判定テストで該当する項目が5項目以上あり、ニコチン依存症と判定された方

□ 35歳以上の方は1日の平均喫煙本数×喫煙年数の値が200以上である方

□ ただちに禁煙することを希望している方であって禁煙治療について説明を受け、治療を受けることを文書により同意した方

※1年以内に保険診療で禁煙治療を受けている方は保険適用ができません。

ニコチン依存症判定テスト

次の10項目のうち、「あり」が5項目以上該当する方はニコチン依存症と判定されます。

ニコチン依存症判定テスト

□自分が吸うよりもずっと多くタバコを吸ってしまう事がありましたか。

□禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。

□禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。

□禁煙したり本数を減らそうとしたときに次のどれかがありましたか。イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加。

□上記の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。

□重い病気にかかったときにタバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。

□タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても吸うことがありましたか。

□タバコのために自分に精神問題が起きているとわかっていても吸うことがありましたか。

□自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。

□タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

禁煙治療スケジュール

山下クリニックの禁煙外来では3ヵ月(12週間)にわたり、計5回の禁煙治療を行います。

禁煙外来では、禁煙にあたってのアドバイスなど医師の指導を受けながら禁煙治療を受けていただきます。禁煙外来の具体的な治療スケジュールは下記となります。

禁煙外来の治療スケジュール

診療回数とスケジュール
①初診
②再診1(2週間後)
③再診2(4週間後)
④再診3(8週間後)
⑤最終診察(12週間後)

診療内容
・診察
・呼気一酸化炭素濃度の測定
・禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
・禁煙補助薬の処方

禁煙治療の費用

禁煙治療の費用は健康保険の自己負担割合、使用する禁煙補助薬(2種類)によって異なります。健康保険の自己負担割合で考えた場合の禁煙治療の費用は下記となります。

3割負担:約13,500円もしくは約19,500円
1割負担:約4,500円もしくは約6,500円

※自費の場合は約45,000円もしくは約65,000円。
※費用は使用する禁煙補助薬(2種類)によって異なります。

禁煙治療のお申込み

山下クリニックまでお電話いただくか、ホームページ上の予約フォームから、受診のご予約をお願い致します。

その他、禁煙治療に関するご不明点がございましたら、お気軽にお問い合せください。

喫煙は生活習慣病やがんなど様々な病気のリスク因子です。禁煙を希望される方は当院の禁煙外来を受診されることをおすすめいたします。

   

山下クリニック 診療日

診療時間

※祝日は休診です。
●がん免疫細胞療法の治療を希望される患者さんは、お電話にてご相談ください。

Web予約