ブログ
糖尿病

【糖尿病の原因】インスリンの作用不足について解説!

eyecatching7_1200_630

岡山県岡山市北区の山下クリニックです。

当院では糖尿病内科を専門とし、患者様に糖尿病に関する専門的な治療を提供しています。

この記事では、「糖尿病の原因」について特集します。

糖尿病とは

diabetes1200-630

糖尿病は、インスリンが十分に働かない場合やインスリンが不足するために血液中のブドウ糖(血糖)が増加する病気です。

糖尿病での高血糖を放置すると、さまざまな合併症を引き起こすリスクがあります。糖尿病の代表的な合併症には糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害などがあります。また、高血糖は動脈硬化を促進し、狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患、脳梗塞や脳出血などの脳卒中のリスクも高めます。

糖尿病はその原因によって、1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病などに分類されます。

糖尿病の治療は、血糖値をコントロールすることを目標に、食事療法、運動療法、薬物療法を中心に行われます。

糖尿病の原因

食べ物は、体の中でブドウ糖にまで分解されます。ブドウ糖は私たちが生きるために必要なエネルギー源で、腸から吸収され血管を通り、筋肉や肝臓など全身の臓器に運ばれエネルギーとして使われます。

このブドウ糖は、膵臓で作られるインスリンというホルモンの作用によって細胞内に取り込まれます。インスリンとブドウ糖のバランスが良ければ、血液中の糖濃度(血糖値)は一定に保たれていますが、インスリンが十分に出なかったり、インスリンの働きが悪くなったりすると、血液中のブドウ糖が増えすぎた状態(高血糖状態)が長く続きます。

このインスリンの作用不足による慢性の高血糖状態を主徴とする代謝疾患群が「糖尿病」です。

インスリンの分泌不全と抵抗性

細胞内にブドウ糖を取り込むインスリンがうまく働かなくなる原因は二つあります。一つ目はインスリン分泌不全、二つ目はインスリン抵抗性です。

一つ目のインスリン分泌不全とは、膵臓の機能が低下し、十分なインスリンを生成・分泌できなくなる状態を指します。このため、ブドウ糖を細胞内に取り込むためのインスリンが不足し、ブドウ糖が血中に溢れてしまい、高血糖を引き起こします。

二つ目のインスリン抵抗性は、十分な量のインスリンが分泌されているものの、その働きが悪く、インスリンの効果が十分に発揮されない状態を指します。このインスリン抵抗性は、主に肥満が原因で生じます。

糖尿病には1型と2型があり、多くを占める2型糖尿病では、インスリン分泌の低下とインスリン抵抗性の2つの要因が重なって発症します。一方、1型糖尿病は自己免疫疾患などにより、インスリンを分泌する膵臓の細胞が破壊されて発症します。

100567900_3139318049478599_8610200511150292992_n

まとめ

eyecatching_dr1_1200_630

この記事では、「糖尿病の原因」について特集しました。

糖尿病の原因には、細胞内にブドウ糖を取り込む「インスリンの作用不足」が挙げられます。インスリンの作用不足を引き起こす要因には、インスリン分泌不全とインスリン抵抗性の二つがあります。

山下クリニック 診療日

診療時間

※祝日は休診です。
●がん免疫細胞療法の治療を希望される患者さんは、お電話にてご相談ください。

Web予約